ニューヨーカーへインタビュー

 

 

先輩ニューヨーカーたちの経験談は、NY移住の夢を実現させようとしている皆さんの良いお手本になると思います。

鍼灸師、学生、会社員、ミュージシャン、デザイナー等…それぞれ職種は違いますが、立派にNYでご活躍されている日本人•多国籍ニューヨーカーの皆様へ以下の質問をしてみました。

 

①母国での経歴 ②NY移住のきっかけ ③現在の職業 ④NYの好きなところ•嫌いなところ ⑤苦労話 ⑥印象に残るエピソード ⑦今後の展望

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Atsuko Ishimashi

Tochigi, Japan                          Since 2009

①日本での経歴:学生時代のモデルのバイトから就職せずにモデルへ。売れず泣かず飛ばずで野村証券株式会社へ就職。その後アメリカNYへ留学。語学学校で4年の遊学後、Pacific College of Oriental Medicineのマッサージコースへ。その後、鍼へ興味を持ち鍼灸マスターディグリーコースへ変更。現在に至ります。

 

②NY移住のきっかけ:一言で言うとタイミング!前からアメリカには留学したいとは思ってました。30歳の後半になってやりたいことをできるうちにやっておこうと思いました。

 

③現在の職業:鍼灸大学の学生です。

 

④NYの好きなところ:自由なところ。人が人に干渉しないところ。冬、お部屋が暖かいところ。

NYの嫌いなところ:マンハッタンでのアパート探し。

 

⑤苦労話:アパート!気にいったところを探して審査にとおって契約までもっていくこと。

 

⑥印象に残るエピソード:ボヤ騒動。一酸化炭素中毒の疑いで救急車で病院まで運ばれました。(問題なかったんですけどね)

 

⑦今後の展望:鍼灸師の資格を取得後、自分の小さなクリックをマンハッタンにかまえたいです。

Kazumi Senda

Aichi Japan                          Since 2013

①日本での経歴: 高校卒業後、鍼灸学校に進み、資格取得後は6年間神奈川県のはりきゅう小田原治療室に勤め、その後NYに移住しました。


②NY移住のきっかけ: 治療室での研修後、地元での開業も視野に入れましたが、ふとアメリカ•NYへの想いが湧き、思い切りと勢いでNYに移住しました。

 

③現在の職業: 語学学生。NY移住の元々の目的だった鍼灸大学進学を実現すべく、今は準備中です。

④NYの好きなところ: 街全体がエネルギーに満ち溢れていて、常に何かに一生懸命になろうという思いを心に持たせてもらえるところ。
NYの嫌いなところ: 人が冷たく感じ、ストレスが溜まりやすく、心穏やかでいる事が少し難しいところ。(それは皆が一生懸命生活している証拠かもしれません。)

 

⑤苦労話: NYに来たすぐはとにかく英語が通じない事。そして他国の方を理解して、受け入れる事。文化の違いは興味深くもありますが、同時に、様々な人種が集まるNYで自分が一番難しいと感じるころかもしれません。

 

⑥印象に残るエピソード: NY での鍼灸資格取得に関して、情報不足で事が思うよう進まないので、諦めて一時帰国を本気で考えていたんです。日本への帰国の決意が90%に固まった時、運命とも言うべく、pacific collegeを知り、そして愛さんとめぐり逢いました‼︎ この"愛さんとの出会い"が、私の帰国するという考えを180度変えてくださり、NYでの鍼灸師資格取得からこれからのNYでの生活に可能性の光を射し込んでくださいまし た。

 

⑦ 今後の展望: まずは大学入学、そして資格取得、さらにはNYでの開業。長い道のりであるのは覚悟の上です。夢が叶ったその際には、日々忙しくNYで働かれている皆様、 ストレスを感じていらっしゃる方々にホッと落ち着ける空間とともに優しい日本の鍼灸治療を提供させて頂けるようになりたいです。

Shigemasa Nakano

Tokyo, Japan                          Since 2009

①日本での経歴:音楽講師

 

②NY移住のきっかけ:30歳になり音楽人生に悔いを残したくなかった為、海外でもまれたかったから。

 

③現在の職業:ミュージシャン(オペラ歌手、ストリートシンガー)セントラルパークで毎週パフォーマンスをやっています。

 

④NYの好きなところ:音楽に対して凄く理解が深く、サポートする人々が本当に多い街だと思います。 

 嫌いなところ: 地下鉄ですねー!

 

⑤苦労話:最初の半年は語学学校に行くお金、家賃を払うのに精一杯で余計な物は一切買わない生活でした。一ヶ月に一度食

 べるチキンオーバー ライスが死ぬ程旨く感じたものです!

 

⑥印象に残るエピソード:セントラルパークで歌っていた時、偶然通りかかったJosh Grobanの目の前で彼の代表曲 You raise me upを歌った時は非常に印象に残っています。ああ、映画みたいな事ってあるんだなと。

 

⑦今後の展望:自身の、ソロ活動もそうですが(shigemasaland.com)、オリジナルバンド"72nd Street"を立ち上げたばかりなので今年はCD制作や、tourで色々な場所人々に会うのが楽しみです。人見知りの寂しがりやなので、音楽を通して知り合う人々との交流は本当に力をいつもくれますね!

 

Yuki Oohashi

Saitama, Japan                         

Since 2014

①日本での経歴:ラジオDJ・ナレーター・司会


②NY移住のきっかけ: 何度となくNYへ旅行をする内にこの地への想いが止まらなくなったので。


③現在の職業:語学の勉強をしながらNYでも日本と同じ活動をするべくVoice Over・ボイストレーニングなど勉強中です。


④好き:全ての人がエネルギーで溢れている事。 
  嫌い:汚い&食事が美味しくない(こちらに来てすっかり自炊派になりました。

 

⑤ 苦労話:私の場合は、やっと辿り付けたNYに来て間もなく大切な人を失うという大事件が起きてしまい、そうじゃなくても生きるのが大変なNY・・・本当に HARDな毎日を過ごしましたが、それでもこの地で生きていきたい・・と思えた理由は・・多分〜自由〜なんだと思います。まだまだ答えを模索中ですが。

 

⑥ 印象に残るエピソード:正直言って全てが印象に残るエピソードで・・・(笑)中でも〜初めてNYでゴスペルを聴いた時に訳もなく涙した事〜など音楽とNY は私にとってキッテモ切り 離せない存在ですね。初めてのアポロシアターのアマチュアナイトは衝撃でした。尋常ではないエナジーを吸収できるアポロには今でもちょくちょく顔を出して います

 

⑦今後の展望:とにかくこの地で一生生きていきたい!!
 そして日本でやってきた事を同じ仕事でNYでもご飯を食べていきたいですね!!!

 私のNY生活に関するブログは、http://ameblo.jp/stevie1/ にアップしていますので是非ご覧下さい。