NYネイリスト免許(ネイルスペシャルティライセンス)書き換え申請代行サービスをご利用のお客様の声

Rさん(ネイルスクール経営)

​​

スパークソリューションのNY州ネイルライセンス申請代行サービスのおかげで、スムーズにライセンスが取得できたことに心から感謝しています。

申し込み時にジョンソンさんとお電話で話した感じで、頼りになれそうな方だと確信できたので申し込みを決めました。NYと日本の時差を理由に進行が滞るということもありませんでしたし、何より私は日本に住んで居ながら、

ジョンソンさんがニューヨーク州と全て英語でやりとりしてくれるというのは大きなポイントでした。

 

私は長年ネイルスクールを経営しておりますので、NY州ライセンス取得の基礎知識はあったものの、細かい部分は不明なことが多く、自分一人の力でライセンス取得することは難しかったはずです。

 

ジョンソンさんはNY州ライセンス取得に関する知識が豊富なだけでなく、対応が大変早く丁寧なので本当に安心してお任せすることができました。

英語の書類が多すぎて訳が分からなくなったり、自分で用意する日本語の書類が上手く集まらなかったり、正直諦めて挫けそうになった時があったのですが、いつもジョンソンさんに励まして頂いて乗り切れました。

申請書類をNY州に提出した後、約2週間弱でライセンス合格の知らせを受けた時は嬉しかったです。ライセンス更新オプションサービスもあるそうなので、次回更新時にはまたお願いするつもりです。

 

ジョンソンさんのおかげで効率的に申請準備を進められ、無事ライセンス取得が出来ました。NY州ネイリストライセンス取得を考えているネイリストの皆さんに自信を持ってお薦め出来ます。どうもありがとうございました。

 

NY美容師免許(コスメトロジーライセンス)書き換え申請代行サービスをご利用のお客様の声

松村克己さん

 

 

今回僕がスーパークソリューションにNYライセンス申請をお願いしたのは、自分がまだ渡米後日が浅く、語学に不安があったため複雑なやりとりが無い方法を取りたかったからです。

愛さんのことはインターネットでも見かけていましたが、メーカーの営業さんの紹介で申し込みを決めました。

確かに評判通り、複雑なやりとりが全く無く、完全なお任せ状態で最後まで無事プロセスを終えることが出来ました。

 

NYでは書類のやりとりの中で1つミスが有るとまたやり直しになったり、その為にややこしい事になったりします。少し費用をかけても安心できる方法を選んだ方が良いと思います。

とても迅速な対応をしてくれますので、英語が苦手だったり・忙しい美容師の方には特におススメです。自分の場合は、申請書類をNY州に出して翌日にはもうライセンスが承認されていました!

​どうもありがとうございました。

12715771_931793240201631_181558809841981

Taroさん

 

ネット検索をしていてスパークソリューションのことを知り、

カスタマーのレビューが良かったので、アイさんにお願いすることにしました。

丁寧にスムーズに対応して頂けたので良かったです。

日本語で対応してもらえるし、経験もありますし、何よりアイさんが素敵な方だからお勧めできますよ。

お陰様で無事ライセンスが取れたので、これから仕事を頑張りたいと思います。ありがとうございました。

Yorkさん

 

スパークソリューションのサービスをインターネットで見つけました。

Aiさんとの電話での会話、そしてメールでのやり取りで、この人なら安心して任せる事ができると確信できたので、申し込みを決めました。

 

今回本当にSpark Solutionのサービスを受けてよかったと思っています。

私自身NY以外に他の海外で美容師をしていた為、ライセンスの仕組みや必要書類などの知識とルールはわかっていましたが、最終書類の段階では複雑すぎて自分一人の力ではできません。愛さんには迅速な対応をしていただいて、このようにスムーズにライセンス取得ができた事を感謝しています。

NYに渡米後Aiさんと会い、人柄も含めSpark Solutionに依頼して本当に良かったです。

 

このサービスは他の美容師の方にもお勧お勧めします。私個人の意見ですが、日本人は最初から会社に頼る習慣が多いので、まずはご自身でライセンスその他ビザについて英語のサイトを含めしっかり調べる事をした方が良いと思います。アメリカやその他の国では日本の様に国や行政が責任を担ってくれることは少ないです。なのでご自身で勉強し、その後ライセンスの申し込みやその他の相談をするとスムーズに話ができると思います。

 

特にAiさんがNYに住んで長いので、ライセンス以外での生活に関する相談も的確なアドバイスをくれた事で私自身勉強になりました。本当にありがとうございました。

ヨークリー・良子さん

 

①本サービスを申し込むきっかけは何でしたか?

友人がSpark Solutionのサイトを見つけてくれた。


②数ある代行サービス会社の中でスパークソリューションを選んだ理由は何ですか?

愛さんとお話した感じで この方なら信用できる お願い出来ると直感で。


③本サービスを受けて良かった点は何ですか?

どんな書類が必要かどのようにそれを取得するなど的確に指示して下さり準備が出来きました。


④弊社サービスを他の美容師の方にもお勧めできますか?「はい」の場合、特にどんな点がお勧めのポイントですか?

はい お勧め出来ます。美容師の状況もよく把握されていますし 愛さんのお人柄何でも相談しやすい。お値段もリーズナブルだと思います。


⑤その他

書類集めも日本から送ってもらったり、色々トラブルがあったりして 再送してもらわないといけなかったり、小さい子供がいるのでなかなか身動きがとれず かなり時間がかかったのですが 辛抱強くお付き合い頂いて無事NYライセンスを取得することが出来ました。有難うございました!

田中誠二さん

 

この度NYへ美容師としていく事になり、ビザなどを調べていくと日本の美容師免許をNY州のライセンスに書き換えをしないといけない事がわかりました。

日本にいながらの作業で自分でインターネットなどを使い調べてみてもよく分からず、困っていたところスパークさんのHPにたどり着きました。

そこで相談させていただいて、どのような書類が必要かなど詳しく教えて頂きました。

更に自分の集められる書類の中で出来るかどうかをすぐに判断してくださって、必要書類の英訳や、推薦状の作成などもして頂き本当にスムーズに行う事ができました。

また、ニューヨークに着いてから医師の診断書なども必要になり、全然着いたばかりで知識もなかったので、お伺いしたら親切に病院の紹介をして頂いたり、ライセンスとは直接関係のない事など、NYの事を色々と教えて下さいました。

日本で準備してから渡米したのでとてもスムーズに書き換えもできて、無事にNYで美容師として働く事が出来ました。

自分で行っていたら結局できなかったり、まだまだ時間がかかってしまっていたのかなと思っています。スパークさんがオンラインで申請した次の日には、もうライセンスが承認されていました。今回お願いして確実かつスムーズにライセンスを取れて本当に良かったです。ありがとうございました。

 

田中誠二

IMG_5448.jpg

Aikoさん

 

NYの美容室に就職する際に、どうしても日本のライセンスからNY州ライセンスへの切り替えが必要でした。でも情報不足で、自分でいろいろなサイトを調べたもののどれもクリアでなくて、どうしたらいいか困っていました。

 

そんな際に、以前ビザの件でスパークさんにお世話になっていたこともあり、ライセンストランスファーのことを相談した所、こころよく 引き受けてくださいました。 インターネットで自分で調べても確実な情報はなかったのに(ライセンスを取得した何人かの友人に聞いてもそれぞれが違うことを言うので) 、スパークさんにお願いしてあらためて自分が何を用意しないといけないのかが明確になりました。

 

自分が考えていたよりもたくさんの書類と英訳が必要で、それらすべてのサポートをスパークさんにお願いしたので、申請プロセンスがとてもスムーズに進んで本当に良かったです。

お願いしてからあっと言う間に自宅に書き換えたニューヨーク州の免許が届いたのには驚きました。こんなことならもっと早く申請をお願いしておくんだったと思ったほどです。

 

自分でこの複雑な申請作業をするよりも、全部をお任せして確実にライセンスが取れたので、良かったと思っています。本当にありがとうございました。

12201037_810751519045015_2043892304_n.jp

中原アズサさん

 

今回美容免許のトランスラファーの為、スパークさんを利用させていただきました。

 

なるべく早く免許が欲しかったので、スパークの愛さんに相談した所、申請して2、3日で免許が届くと聞き、安心して全てお任しました。

愛さんは、お願いしてすぐに必要な全ての書類を作成してくれ、NY州の方へ申請の準備をして下さいました。しかし、私のケースの場合、ソーシャルセキュリティーナンバーを持っておらず、オンラインでの申請をする事が出来ないそうで、郵送での申請となってしまいました。

 

オンラインの場合は2.3日で申請の許可がおり、すぐにライセンスが届くらしいのですが、郵送での申請の場合、オンラインとは違って、NY州からの返事が来るまでに2週間弱かかりました。自宅にレターが届いた時は、ライセンスが届いたのだと思い、喜んで封を開けると、中には書類に不足があるので、もう一度郵送する必要がある等の内容のレターでした。

 

すぐに愛さんに連絡した所、愛さんは全てきちんと書類を作成し、すぐに速達で郵送してくれていたことが分かりました。しかし、州は不足書類があるとの主張で、しかもきちんと支払いをしたライセンスの申請料($40)も、支払いされてないと言われました。州側の主張が事実無根過ぎて、こんなにも適当な扱いを受けるのかと驚きました。

 

そのレターが届いてから、愛さんが英文のメールを作成してくれ、州とEメールで何度もやり取りをしました。

郵送した書類をスキャンしたものと申請料を払ったという証拠の写真を添付しEメールで送ると、なぜか支払いの件には一切触れず、やはり書類に不足があるとレターと同じ内容のメールが返ってきました。

そのメールでのやり取りの内容はきちんと私達の書類を処理してくれているのか不安になるような内容ばかりでした。

私はなるべく早く免許が欲しく急いでいたのと、これ以上時間がかかるのが嫌だったので、何で送ったはずの資料が不足していると言っているのか。支払ったはずの申請料はどうなっているのか。どうしたら承認されるのか。などを直接電話で愛さんからNY州の方へ電話して頂く事にしました。

私は英語に不安があったので愛さんに電話を頼んだものの、実際にには日本語の通訳がいて日本語で会話する事が出来きました。通訳を通し、電話で今までの問題を全て質問・確認し、やっと全てをクリアにする事が出来きました。

次の日には、承認されたとの連絡がメールで届きました。

 

元々数週間で届くと思っていたライセンスを取得するのに、最終的に2カ月弱かかってしまいました。

郵送による申請だと機関の処理も適当にされてしまい、トラブルに巻き込まれる可能性があるなんて知らなかったので、今回スパークさんにお願いして本当に良かったと思っています。自分だけでは何も対応出来なかったと思うし、完璧な資料も揃えられなかったと思います。

 

最後まで責任を持って、迅速に機関とのメールやり取りや電話でトラブルを解決して下さった愛さんにはとても感謝しています。

本当にありがとうございました。

Back-Facing Girl with Backpack

 

当社のリーガルアシスタントサービスをご利用されグリーンカード(結婚ベース)をご取得された、 Aikoさんの場合(2015年夏)

スパークソリューションでは日本語パラリーガル ・リーガルアシスタント、通訳翻訳のサービスもご提供いたしております。

Aikoさんは、アメリカ人男性とご結婚された後、グリーンカードの申請をされ、無事取得されたお客様の一人です。

今ではかわいい赤ちゃんが生まれて、家族三人で幸せに暮らされているそうです。

 

そんな愛子さんに、当社のリーガルアシスタントサービスについての感想を聞いてみました。

 

「愛さん、その節は大変お世話になりました。おかげさまで家族みんな元気にしています。 10年間のグリーンカードを取得の為、また新たにペーパーワークが必要みたいですが、また何か困ったことがあったらご相談させてください。グリーンカードを取得した今でも、私達の中ではまだプロセスが続いてるような、、そんな気分です。

 

グリーンカードは外国人である私のためのものなので、まず、内容全てを自分が把握したいという強い希望がありました。ですので、日本人弁護士か、そうでなければ日本人パラリーガル・リーガルアシスタントがいる弁護士を雇うことは私にとって絶対条件でした。

 

初めての申請で不安な事もとても多かったですが、愛さんはとにかく質問全てに、しかも、迅速に日本語で対応してくれました。

これは、我々の精神的な支えでした。

電話やテキストでいつでも連絡が取れたのはとても大きかったです。

 

あとはやはり、戸籍抄本の英訳です。新たに違う会社に頼んでやるのは、とても億劫でした。愛さんが翻訳してくれたので、時間的にも最短で出来たのではないかと思います。

 

後はなんといっても、最後の面接ですね。やはり愛さんと一緒に行って良かったです。質問内容には、日常会話で聞く英語とは違う言葉もたくさん出てくるので、自分達だけで行かなくて正解でした。

 

また今後何かあった際にはよろしくお願いいたします。

 

Aiko

12201037_810751519045015_2043892304_n.jp
クライアントのAikoさん。初めての打ち合わせでお会いしたとき、ちょうどご懐妊のおめでたいニュースをお聞きしました。
Aikoさんと旦那様のSteveさんは、いつも笑顔で仲良しのご夫婦。面接当時はお二人とも大変緊張されていましたが、奥様を気遣うSteveさんの優しい様子が大変印象的でした。
娘様は満9ヶ月。お母さんが美容師さんなだけあって、髪もしっかりお洒落さんしてます!

 

高校2年生でNY留学を実現した、西谷咲耶さんの場合(2013年夏)

将来国連で働くのが夢というサクヤさん。その憧れの国連を訪れたとき。

現地の高校生と水族館に行ったとき。

たくさんのお友達を作る事ができました。

メトロポリタン美術館のエジプト展にて。

 

NY最後の日に、滞在していたシェアハウスでお別れパーティーをしたとき。

 

スパークソリューションがお世話させていただいた初めての高校留学生•西谷サクヤさん。(当時高校2年生)

平 日の朝〜昼はブルーデータでにて英語学習、その後は1時間のプライベートレッスン、そして毎週土曜日はNY育英学園にてボランティア、週末は様々なアク ティビティー…(休む暇なく、まさしくニューヨーカーのように!)毎日忙しいスケジュールをこなし、無事7週間の留学を終了しました。

 

特筆すべきは、彼女の「度胸と根性」です。それは、留学第一日目から伺えた、彼女の素晴らしい資質の一つ。

 

当時スパーク愛が運営していた、シェアハウスに滞在することになっていたサクヤさん。NY 到着日…待てど暮らせどサクヤさんがシェアハウス到着予定時刻になってもやってこないのです。予定時間よりも約1時間程遅れてやっとサクヤさんが到着した ときは、本当に胸を撫で下ろしました。(それまで生きた心地がしませんでした!)日本出国前のオリエンテーションでは、空港からはタクシーを利用して来る ようお話していたのですが、なんとサクヤさん、初めてのNYだというのに自力で空港から地下鉄に乗って来たとうではありませんか。「地下鉄地図とグーグル マップを照らして見たら、それほど難しそうでもなかったので急遽トライしてみた。」と…。なんと無謀な(!)でも、すごい度胸と根性です。大人でも、初め てのNYでJFKから地下鉄を乗り継いでアパートに辿り着くのは結構大変なことなのに。

 

サ クヤさんがどのようにたくましくNY生活を送るのか、第一日目からだいたい予想はついていましたね。日々少しずつ彼女が精神的に成長して行く姿を側て見て いると、まるでサクヤさんが自分の妹のように思えて来て、彼女が日本に帰国してしまった後はしばらく胸に穴がぽっかりあいたような気分を感じたものです。

 

サクヤさんは滞在中いつも、「NYでやれることは全部やりつくして日本に帰りたい」と言っていました。

サクヤさんがNYで体験した事は、語学留学•ボランティアの他、

 

ーヤンキース観戦

ーメトロポリタンミュージアム

ーワールドレードセンターメモリアル

ー国連ツアー

ーブロードウェーミュージカル

ーコニーアイランドビーチ

ーブルックリンブリッジ

ーショッピング

ーニューヨーク水族館

ーピクニック

ーセントラルパーク

ープロスペクトパーク

ー現地高校生との交流など…

 

あ と、他国籍のルームメイトたちとシェアハウスでの共同生活。家族と離れたNYで、料理•掃除•洗濯等、すべて自分の事は自分でやりました。これは、高校生 にとっては非常に貴重な体験だと思います。余談ですが、毎朝一緒に早く起きて、マンハッタンの街を40分程私と歩くというのを日課にしていましたが、歩く のが早い私のスピードにも泣き言一つ言わず一日も休まず着いて来たサクヤさんは、やっぱり根性がすわってる!将来ニューヨーカーになる可能性アリですね (笑)。

 

NY留学から帰国してしばらくし、サクヤさんのお母さんからこんな話を聞きました。「サクヤは、NYから帰って来てこれまでにないくらい英語の勉強に真剣に取 り組むようになりました。いつまでそれが続くかは分かりませんが、確かに少しではありますが彼女が一回り大きくなって帰って来た感じはします。」

 

現在サクヤさんは、大学入試のため猛勉強中だとか。今年の春には無事大学に合格して、今度は大学生としてまたNYに戻って来てもらいたいなと願うスパーク愛です。

(…この記事を執筆して数週間後に、サクヤさんのお母様より松山大学人文学部英語英米文学科に無事合格とのご報告をいただきました!)

 

 

NY1というTV番組のパーソナリティー•ラジオDJをしているエリックさんと。ビートルズのブロードウェーミュージカルを観に行きました。

 

 

2回目のNY留学•初インターン体験、立川尚司くんの場合(2014年春)

「NY留学•インターン体験の感想」 立川尚司 松山大学経済学部(当時2回生)

 

〈大 学インターンについて〉 私は留学をしていた約2ヶ月間Pacific college of Oriental Medicineにインターンシップをしていました。恥ずかしいことですが、私は英語力が足りず大学内の事務業務の手伝いを任せてもらうことが出来ません でした。その代わりに 愛さんの仕事のお手伝いと大学内の清掃、教室設営を行っていました。どちらの仕事もとても楽しく、毎日語学学校に行くよりも大学でのインターンが待ち遠し かったく らいです。今となっては、よくこの英語力でインターンをしたなと思っていますが、滅多にこのような機会はないのでとても良かったと思っています。

 

こ のインターンで得ることの出来た一番の収穫は、日本とアメリカの働き方の違いを実感できたことです。自分の中でどちらの経験もできたことで、自分の知らな かった働き方があることを知ることができ、日本に帰ってからの日々のアルバイトの態度も良い意味で変わったと思います。 私は経験のしたことのないことにはドンドン挑戦していくべきだと思います。もしこの体験談を読んで、少しでもインターンに興味を持ったのなら是非チャレン ジして見て下さい。 世界が変わるかも知れませんよ!!

 

〈宿 泊について〉 私は今回 Brooklyn Church avenueにあるシェアハウスで、ルームシェアをしていました。私がステイしていた時は、アメリカ人のアーティストや映画学校に通う日本人学生など、数 名のニューヨーカーが住んでいました。留学をする方の中には手続きが簡単なこともあり、生活面の不安からホームスティを選ぶ方も多いと思います。しかし、 ホームスティは各家庭のルールや家族の方との相性もあり、途中でホームスティ先を変えたりする方も多いです。ルームシェアにしたからといって、そのような 問題が解決されるわけではないですが、生活をしていく上での最低限のルールさえ守っていれば、ホームスティよりも快適な生活ができると思います。 また私の宿泊していた場所の近辺には、スーパー、デリ、コインランドリーがあり生活はとてもしやすい環境にあります。駅からも徒歩1、2分の場所で治安も とても良い場所などで帰りが遅くなっても安心です。 ホームスティも良いかもしれませんが、一度はルームシェアを体験してみることをお勧めします!!

 

*立川君はその後、大学を休学して現在(2015年4月)NYのバルークカレッジにて長期留学をしています!

 

 

 

インターン先の職員•アンソニーと。大学のスタッフはみんなフレンドリーで、すぐに馴染めました。

 

初めてのニューヨーク•〜縁ENISHI〜着物イベント@アメリカンハイスクール、上本祥さん(縁代表)の場合(2014年秋)

「着物を気軽にカジュアルに」というメッセージを掲げ、着物や和を取り入れたライフスタイルを日本のみならずアメリカコミュニティーに提唱し続けている「縁ENISHI」のオーナー祥さん。

 

http://www.enishijapan.com/


スパーク愛も個人的に着物コーディネートのアドバイザーとして何度となくお世話になっていることもあり、ご縁あって「縁ENISHI」のNY初イベントをコーディネートさせて頂きました。
左の写真はブロンクスで撮影された 「ニューヨーク+和」がクールにコラボされた一枚ですね。
ア メリカ在住の祥さんは、現在テネシー・ナッシュビルで様々な活動をされていて、大きなイベントも何度も開催されています。ニューヨークで縁ENISHIと してイベントをされるのは今回が初めて。ブロンクスのモリス高校という学校で、日本の文化に興味の有る学生が集 まる「ジャパニーズクラブ」にて約2時間の和空間イベントを成功させました。
内容は、浴衣着付けと茶道体験。初めての体験で学生たちも非常に喜んでいました。

サチさんは、今回のニューヨーク訪問・イベントについて、以下のように語ってくださいました。


先ず初めに、スパーク愛社長とは「友人」というより「良き戦友」でした。
テネシーとは文化も雰囲気も違うニューヨークでイベントするにあたり不安ばかりでしたが、彼女は「姉」の様に親身に沢山のアドバイスをくれ、新たな彼女の一面が垣間見る事が出来ました。
書類の書き方まで丁寧に指導して頂き、スパークソリューションにお世話になって本当に良かったと感じました。
当日は一人で行動しないと行けなかった為、ホテルからの移動方法など下調べをしっかりしましたが、バスは遅れるは、突然の大雨なのに傘は持ってないは。。。
「困ったらいつでも電話してね!」の愛さんでも仕方のない場面もありました。
結局、道を間違えて1マイル歩く事になりましたが、そのおかげで「ニューヨーク+和」の素敵な写真が撮ることが出来ました。
これも全て 旅の良い思い出です。
今回のテーマは「伝統的な着物・日本文化を伝えつつ、着物をファッションとして、日本文化をカジュアルに」でした。
モリス高校の生徒たちは「ジャパニーズクラブ」という名前の通り、日本に興味がある子達ばかりで、縁ENISHI流レッスンを真剣に受講してくれ、意欲的に日本文化に触れてくれました。
お茶道具や着物・浴衣は日本で使用していた物を持って来ていたので、日本風 ではなく 本物 を伝える事ができ、生徒達も大喜びで本当に良かったです。

日本人でさえ、きっかけがないと「着物」という言葉すら出にくくなってきている時代です。
これからも もっと「日本伝統文化」を身近に感じてもらえるように沢山のきっかけを作り続けたいです。
世界中の一人でも多くの人が 日本 に興味を持ってくれますように・・・


縁ENISHI
上本 祥